のんきに過ごした秋の一日

一段落だ。今週からは大変余裕のある日々が続きそうで、もしかして永遠にこうかもしれず、特に本日はそうで、タイを舞台にした映画「プール」を早速見に行こうか、それともドライブがてらに山の方の直売所で野菜を仕入れようかと迷っていた。そこに入った1通のメールでエネルギーを失った。あまりに異次元の内容。で、友達に電話した。今年から農業を始めた友達で畑は全国的にも有名な観光地にある。「ちょうど電話しようかと思ってたところ、一緒にご飯食べよー」と逆に誘われ映画も直売所も取りやめて出かける。迷いに迷って畑にたどり着いたら「注文あったから手伝ってー」と言われナスの収穫を手伝った。規格に合うのを探してうろつくだけで散歩よりも運動になるし、気持ちがいい。それから卸し先に届けるのに付いて行った。そこは直売所だったので買い物する。桃が4個で300円、ネクタリンが4個で100円。産地ならではのお値段。ブドウも出ていて迷ったが、優先順位としてはブドウはこれからだろうと買い控えしたところ、友達から「もらいもののブドウを家に届けておいた」という電話がある。娘がフルーツ好きなので、実にありがたいことだ。

そんなこんなで食事の時間は短くなったが、たまに寄るイタリアンの店でランチコースを頼む。1100円。ここは前回来た時に会計のミスがあって気付かずに過払いしていた。どうも高いなと思って帰ってからレシートを見て、ドルチェなんか頼んでないのに計算されていたことを知り電話して、次回に清算ということになっていた。それから4か月近く。店では恐縮してドルチェをサービスしてくれた。心使いはありがたくいただいて、好きでもないケーキを食べた。ちょうどレジに立っている男性が知り合いの医師だった。連れの女性は知り合いのシスターだった。「あら、お久しぶり」と挨拶したら、私達の隣りのテーブルの見知らぬ女性もシスターを見て挨拶。「お知り合いで?」と、名前も知らない者同士でしばし話す。孤独が癒される、というほどじゃないが、なんだか心温まる秋のひと時って感じだった。予想外の副業のおかげさまさまで、ここ2-3週間は少々忙しい日々だった。いっぺんにおしまいになってまた元のように暇。家の片付けをして、ちょっと長期的な企画を練ることにする。本も10冊くらい買い込んでしまったのがあるからじょじょに読む。
by kienlen | 2009-09-14 20:16 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31