高橋真梨子コンサート

高橋真梨子のコンサートに行って来た。友達からチケットをもらうという素晴らしい幸運に恵まれてのこと。ご縁があったら行きたいなあ、かといってわざわざ高額のチケット手配してその日を優先的に開けておいてまでどうしてもというものでもないしなあ、と思っていたらこの幸運であった。会場は満員だった。2階席だったのでよく見えなかった。夜の運転用に持っている度の強い眼鏡を持参するべきだった、オペラグラスを用意すべきかも、残念。昔のヒット曲から、新しいアルバム収録の他人の曲から、余興もあったりでとっても楽しかった。どの分野であれプロの技というのは気持ちのいいものだ。

いい気分になって一緒に行った友人とビールを飲みに行った。付近に知っている店はないし、良さそうな店もない。しょうがなく居酒屋に入った。入ったとたんに感じたのはプロっぽくない空気。こういう空気は何から生まれるのか分からないけど。それでもメニューに並んでいるのは、つまみにするには魅力的な名前だったから期待した。意外に美味しいかも、と。残念ながら最初に感じた空気が当っていた。かなりひどい味だった。一品一品は安く感じても量が少ないから、合計はあなどれない金額になるし。これで商売になるとしたら、食文化の衰退って感じだな。贅沢なものが好きなわけではないが、一定のレベルというのはあるんじゃないか。こういう店が結構多いのはどういうわけなんだろう。現代風の味覚に自分がついていけないってことかな。洗練されたプロの技と、その対極を見た気がした夜だった。
by kienlen | 2009-09-03 23:28 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31