ピザからジンギスカンへの流れ

毎日書くためのいい方法は食事ブログにすることなのだった。早速本日のランチ。出先で食べることにしたのは、出先が故郷の山村付近だったからである。元地元に貢献するには食べる、買うくらいしかない。で、むしょうにピザが食べたくなって、たまに寄る、結構好きな店に入った。野沢菜ピザというのがあったからそれを注文してみた。しばらくして「ピザの台がちょうど終わってしまいました」と言われた。「えー、ピザが食べたくて入ったんですけど…」「すみません、パスタならありますが」「パスタは食べたくないですねえ、2-3か月に1度くらい、やたらにピザが食べたい日があって、今日はそれだったんで楽しみに来たのに…」「すみません、定食も美味しいですよ、天丼、あ、でもピザと全然違いますね」「天丼は好きじゃないんですよねええ、どうしようかなああああ」「ピザトーストならあるけど、それって…」「食べたくないなあ」と話す。感じの悪い店だったら「また今度」と言って出てもいいような展開であるが、こういう時ってスタッフの対応いかんなのである、私の場合は。
f0104169_16591560.jpg

「どうしよう、どうしよう」と、決断力の塊みたいな自分にしては珍しい迷いを口にしている間、ずっと付き合ってくれるスタッフの女性。本気でピザが食べたかったのだからオプションを考えてなかった。メニューを追っていくと「ジンギスカン定食1000円」があった。そういえば、ピザの前に食べたくなっていたのはジンギスカンだった。つまり今日は午前中仕事だったのに脳に栄養が行ってないような感じがして、しつこいものを食べたかった。ジンギスカンだ、とまず思ったが、このあたりはたいてい専門店である。ジンギスカン気分ではあるがジンギスカン屋の気分ではない。じゃ、ちょうどいいなと思ってジンギスカン定食にした。なかなかのお味でした。店によっては甘いのが気になるが、そうでもなく、付け合せの、豆腐と細かくしたゴボウの炒り煮も薄味で美味しかった。満足だった。ただしそれで頭の働きが活発になったということはなかった。ジンギスカンではダメなんだ、ピザだったらどうだったんだろう。やっぱりダメか。それにしても、コミュニケーション力の高いスタッフのいる店にはまた行きたくなる。帰り際「次はピザ用意しておきますから」と言われた。じきに行こう。
by kienlen | 2009-08-31 17:08 | 出来事 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る