葉っぱを食べる

どうしたところでビール日和。ちょうど娘は実家に行ったし、息子はバイトだし、夫の店に行くことにした。もっともそういう理由がなくても行くのだから、一言、いつものように、で済ますべきか。お花市で外は賑やかだったが、店はとっても静かだった。ゴーヤを炒めてもらおうと思って持参していたが、カウンターに座ったら何か出てきた。魚のナムプリック(ディップソース)、モチ米、それと葉っぱ。みんな田舎出身者だから、いろいろな葉を食べる。私も田舎出身で葉っぱは好きなので一緒になって食べる。しかもボールいっぱいの量である。茎は固くて食べられないので葉っぱだけ取って食べた。

ものすごく苦い。漢方薬みたい。何かと思ったらゴーヤの葉だった。コーヒーから始まって苦味は大好物である。ホント、タイ人といると食生活だけは、ありがたい。そこに友人が来た。葉っぱをお勧めする。「キャ、苦い」。確かに。「日本人はこれも食べないし、カボチャの葉も食べませんね」と夫。タイ人が集まるとこの話題である。ゴーヤの葉の美味しさは私も知らなかった。実を炒めてもらって葉と共に食べた。葉を食べてから実を食べると苦味を感じない。ウチにもゴーヤを植えておいたら葉っぱは勢いがいい。ウサギにやると食べるので、大きなのをちぎってやっていたが、人間を優先させよ。
by kienlen | 2009-08-12 22:57 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る