米文化圏内のお楽しみ

f0104169_8283028.jpg

ジャポニカ米が終わってしまって、しばらく長粒種のタイ米を食べることにした。この間のタイ旅行の際、ナムプラーとナムプリックの工場見学をしたいと言ったら、友人がなぜか米工場の役員と話をつけてくれてあって、(しかたなくと言ってはいけないが)うかがった時にもらったサンプル米があったから、私はこの機会に食べてみたかった。ところが子どもらは好まない。娘はもともと米好きじゃないからさらに食べないし、息子も「タイ米は嫌だ」と言う始末。確かに、ここまで違ったかな、と私自身がびっくりした。粘り気がここまでなくて、ここまでパサパサだったか、水死したイモ虫系みたいに、こんなに細長かったか。夫が前に米を作った時「粒が小さくて失敗」と周囲に言いふらしていたようであるが、そりゃあ、タイの米に慣れた目には日本の米って半端な大きさである。それと、その工場で扱っているのはタイ、ということはつまり世界の米市場においてでもあるが、最高級のブランド米で、香りが強い。炊き始めるととたんに、家中米の香りに包まれる。これはタイ人にとって、まあ、私にとっても好ましい香りであり、ジャスミンのような香りということで「ジャスミンライス」「香り米」などと呼ばれるのだが、嫌いな人にはたまらないかもしれない。

幸いもらってきたのは小さなパックだったのと、店で使えばいいし、周囲はタイ人だらけなので、残って困ることは全くないが、ここまで不評とは残念だった。米については、私がタイにいる時に「タイ米の方が好き」と言って、そこにいた日本人男性から「本当に美味しい米を知らないからだ」と断言された。びっくりした。米の好みなんて個人差であり慣れだと思っていたが、そうじゃなくて絶対的な基準を持つ人が多いのだということは、その後の米不足(?)からくる騒動でも明らかになったのだが。ところで写真は、その工場の品質管理部門での実験。米を持ち込む側が、ジャスミンライスだと嘘をついてないかどうかの確認作業を行なう。何かの薬品に浸けるとジャスミンライスとその他では異なる色に染まるのだそうだ。とにかく最高級の米しか扱わないというプライドにあふれた華人の会社であった。もちろん労働者はタイ人という構図はどこも同じ。ちなみに夫の故郷はジャスミンライスの産地であるが、主食はモチ米だ。こうして米ひとつにアレコレ言えるのも米文化圏の楽しさ。
by kienlen | 2009-08-04 09:17 | タイの事と料理 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30