突然庭でバーベキュー

f0104169_20411064.jpg

日曜日は店は休みであるが、夫はたいていいない。今日も、いつものように遅く起きてどこかに行った。どうせ夕食も家では食べないだろうし、日本米がなくてタイ米でいくなら子ども用に唐揚げでも作るかと思って、鶏肉をニンニクと塩コショウで味付けしておいた。で、そろそろ食事の支度をするかと考えているところに夫から電話。「バーベキューにする」と言う。それはいい。夫は水道も電気も、もちろんガスもないキッチンもない村で育っているから、火を起こすのは日常の仕事であり、外で料理をするのも、私たちがキッチンで料理するのと同じ事であり、当然のことながら手際がよろしい。雨の心配はあるが、まあまあ陽気もよろしい。でも最近は子どもも大きいので「家の中で食べる」と言い出しかねない。それを、つまらん、と思ってもつまらないから自分が楽しければいいのである。自分用に1本だけビールを買いに行った。

戻ったら息子が立ったままガツガツ食べていて、満腹になったら引き揚げた。外に出てきただけマシと思おう。次に娘が不機嫌に出てきて、ブスっと食べ始める。娘のブスッは、自己表現のひとつであるが、それに応えていては、この表現方法を身に着ける危険があるので無視。もっともあまりに頻繁にブスブスしているから訴求力なしではある。それに長続きしないのが特徴でもある。下味をつけた鶏肉も予定変更でバーベキューになった。暑くないし気持ちが良かったけど雨が降ってきた。それで雨をしのげる自転車置き場に移動した。そもそも我が家の環境でバーベキューということ自体が勇気のいる行為である。自転車の隣りで夫がアジを焼き始めた。みんな満腹になってからのアジ。アジはタイの庶民の魚であり、私もよく食べた。揚げて辛いタレをつけて食べる。そういえば今日は夫がタイ風のタレを作ってくれたので美味しかった。ただしすごく辛い。娘は平気でそれを食べている。それでご機嫌は良くなっている。「そんなに辛いの食べさせていいの?」とタイ人に言っても、もちろんムダである。どうでもいいのだ、美味しければ。
by kienlen | 2009-08-02 21:27 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る