どっちがマシか

友人とランチしていて、英語圏の方と結婚している日本人女性の嘆きについて聞いた。その友人自身は国際結婚ではないが、自身が英国留学の経験があることもあって、各種インターナショナルな活動をしている。それで英語圏の方々の知り合いも多い。で、嘆きとは「いちいち説明を求められる」ということである。子供の学校に行けば「軍隊みたいだ、どうしてだ」。何か書類がくると「これは何で、どうしてだ」等々、ということらしい。それを聞いて羨ましくなった。私は夫にいろいろ説明したいのに、相手が興味を示さない。何事も受容的で批判的な検討はなし。少なくとも私には言わない。で、タイ関係で当方が説明を求めても面倒くさがる。だから「あ、その夫の方が私みたいで、面倒くさがる妻がウチの夫」と言って笑われた。

どっちがマシか。想像してみると、多分いちいち説明を求められても答えられるわけじゃないから面倒だと思う。かといってウチの場合は極端であるように思う。しかしちょうどいいのはどの辺りなんだろうか。人によっても相性によっても関係性によっても違いそう。自分が聞いて欲しいことを相手が聞いてくれて、聞かれたくないことは黙っていて、聞いて欲しいと思う時に聞いてくれて、聞いて欲しくない時に黙っている。あり得ないと思うけど、あったらあったで不気味でもある。久々に「婦人公論」を買った。この間、新聞の1面に載っていた広告で特集が「別れる夫婦、別れない夫婦の紙一重」と知って、その日の夜に息子に「出かけるの?」と聞かれながら「ちょっとそこまで」で近所のスーパーにて。それを今日読んだ。国際結婚の話はなかったが、いろいろあっても別れる、別れないの差異が何か、普遍的論理があったら知りたいものだ。
Commented by jun at 2009-06-12 08:48 x
 何時の世も、またどこの国も似てる所があるのですね。
 
 「今、地位、別れない、慣れ、皮一枚。」
 いまちいわかれないなれかわいちまい

 今作った回文です。
その、皮一枚も大事かな気づかされました。
Commented by kienlen at 2009-06-12 13:32
慣れ→なれ、はどうですか。皮一枚が何か見えるかも。見えたら怖いかもですが。
by kienlen | 2009-06-11 23:18 | 男と女 | Comments(2)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー