『現代アジアの肖像-ピブーン』

「独立タイ王国の立憲革命」というサブタイトルが付いている。村嶋英治著。労作、素晴らしい歴史書ではないだろうか。買ったのは確か1-2年前であるが手つかずのまま本棚にあった。タイ関係の本は目につくと価格と相談でなるべく購入しているが、かといって読む必要があることはほとんどないしで、特にこういう、すぐ読めるという本じゃないのは手にする必然性がないわけだ。ただこのところタイにご縁があることから読んだ別の本で村嶋英治先生の書いたのが面白かったし、そこでこの本への言及もあって俄かに興味が沸いて、読み始めたらひじょうに面白かったし、価値のある本だと思う。何しろ東南アジア関係って全然知らないから。世界はどこもつながっているのに、学校の歴史の勉強だとプツプツとあちこちで同時多発的に何かが起きているような印象を持ってしまうが、そういうことはあり得ないわけで、どれも関係しているわけで、その関係が興味深いところなのだが、自分で努力しないとそれを発見することはできない。この本は絶対王政から立憲君主制への移行のための革命の前から第二次大戦後までを、ピブーンという首相にまで上り詰めた人物を中心にしながら描いたものだ。

タイに興味がないと面白くないかというと、そうとも言えない。フランスの執拗で巧妙な植民地政策、イギリスとの違い、周辺を植民地にされていく中で小国タイがどう立ち回っていくかというあたりはミステリーのようでもあるし、この立ち回りは第二次大戦時の日本との関係でも演じられている。やはりタイ人の基本はこれだと感じるところ多々あり。タイの歴史の一コマについてここまで詳細に臨場感たっぷりに書かれたのを読んだのは初めてだった。いきなり物知りになった気分。忘れないようにしないともったいない。多分タイを知らない人にとっての問題はタイ人の名前のややこしさだろうと思う。このややこしい名前と大勢の登場人物の関係を把握するのはなかなか困難だろうと思うが、著者が最大限に分かりやすくしているのは分かる。それで、これを読むとタイで起きていることへの理解を、相当に深めることができる。タイについての基礎知識というところ。こんなマイナーな本を出版している岩波書店には感謝である。日本との関係に意識して紙幅をさいているのもありがたい。一次資料を駆使していて説得力も抜群。この厚さで税別2500円は安くはないけど、ここまでの労作であれば、やはり本というものの他にはない内容の豊かさと深さに感動して、充分安く感じる。荒っぽく書いた新書を3-4冊読むと思ったらこっちの方が何倍も価値があるな。感謝したくなる本だった。ありがとうございました。
by kienlen | 2009-05-07 23:07 | 読み物類 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー