2度と買い物したくない八百屋

今日やる予定だった仕事の締め切りが延びたので拍子抜けで、やっとのことで片付けに取り掛かることにした。本が増えてしまって本棚を追加しないことには片付けられないことに気付き、通販生活で2本買ってひじょうに重宝しているのを追加注文しようと思って電話した。そしたらもうそれは扱っていないということだった。まあしかしここはいつ電話しても応対がよろしいので「じゃ、他のを探してまた注文します」と言って切った。そういう気にさせる対応こそ仕事なはずなのに、そうじゃない事が多すぎる。昨日なんか、八百屋で爆発しそうなくらいに腹がたって、なんでここでこんな気持ちにならなければならないのか全く分からず、もう世の中おかしい、と友人に電話したくらいだった。私がイラつく時というのは感情を害されるというよりは、どうしてこう理屈に合わない対応をせざるを得ないんだろうかという疑問が大方なので、傷つくとかそういう問題ではない。どっちかっていうと社会的な方に転化できると思っているが、昨日のはまさに感情を害されてひどく不快になった。

路上に商品を並べた八百屋にキノコがあったので手に取った。すると横に小さなカゴにニンニクが3つ入っていて、国産で200円と書いてある。ひとつは黒くなっていて使える部分は少なそう。それでも粒が大きいし、えらくお買い得だと思ってカゴごと奥に持参した。夫婦らしき男女が弁当を食べていた。妻らしき女性が会計しながら「ニンニクはひとつ200円ですけどいいですか」と言った。なるほど、そうだったんだと思って「間違えました、どうりで国産なのに安すぎると思ったんです」と素直な気持ちを口にして元の場所に戻しに行った。家にまだニンニクはあるし、いつもまとめ買いする直売所に行けばいいのだから。すると夫らしき男性が「奥さんねえ、国産でそんなに安いわけないだろ!」と怒るのである。「だからびっくりしたんですけど」と言うと、畳み掛けるように「中国産なら10個で200円であるよ!国産なんだから!」とくどい。こっちはそんな事は知っている。だから自分の誤解を認めたし、誤解を与える表示方法がおかしいとも言ってないし、とにかく何も言ってないのだから説教される筋合いがあるとは思えない。2度とあの店で買い物をする気はないが、こういう対応で店主のメリットはあるんだろうか。あまりの勢いだったので「分ってるからそれ以上話さないで下さい」と言うのが精一杯だった。隙あれば説教するための作戦の表示か、それでストレス解消しているんだとしたら本当に嫌な世の中だ。こんな売り方されたら生産者もかわいそう、と思った。
by kienlen | 2009-01-31 13:50 | その他雑感 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31