子供が育つと違う問題が見えてくる

今年最後の日なんだと言い聞かせないと信じられない気分。それらしきことを何もしてない。気晴らしに息子の田舎帰りに付き合って車を出すことにする。その前に書店に寄りたいというのに付き合って数冊買わされる。本は制限なしとしているが彼の場合、年に1度か2度しか買わないのである。いきなり選んだ本が潮○人という方ので、ギョッとした。あんまり書店を利用しない無知な青少年の目に付きやすい場所に置いておく作戦か。ここに印税が入るのはシャクであるとも思ったが、せっかくの読書欲をくじいてはいけないと思って「単純な言説を鵜呑みにしてはいけない」と言い添えて購入。「まえがき読んだらどっち側の人か分かるよ」と言うが、アナタはそんなに簡単にどっち側か決められるのか、ああ、確かに分りやすさを前面に出せば分かるか。それにしてもガザへの新たな攻撃は始まるし、不安要素いっぱいの年の瀬である。グローバル化の中で自分の軸足をどこに置くかがキミたちの課題になることは間違いないぞと車の中で説くしかできない親である。

結局仕事は来年に持ち越すことになった。でもあとちょっとだ。いくらなんでも散らかっているので返却できるモノは風呂敷に包んだ。一段落したら掃除したい。今の些細な希望はそれだけだ。今夜は行き場のない大人達が夫の店に数人は来るらしい。ウチもそろそろ過渡期に至っているように思う。国際結婚についてのmixiのページをこのところつい読みふけっているのだが、そこは外国人と結婚して外国に住んでいる日本人のホームシックの苦しさで大変な盛り上がりをみせている。帰りたいとは思うけど家族がいるし、帰っても適応できるか、仕事はあるか、どんどん自分の居場所はなくなっていく。よく分かる感覚だ。ウチの場合はそれを今味わっているのが夫である。私も変種的な意味では味わったからよく分かるが、だから今は他人事といえる立場にないのが辛いところ。昨夜、20年くらいも在日していた親しかったタイ人が帰国したという連絡があったそうだ。どこに住むか、一緒にいるのかどうかという問題は、子供が成長するにつれて深刻化する。歳とったからって疲れてられないなあ。
by kienlen | 2008-12-31 17:12 | 家族と子供の話題 | Comments(0)

信州で読んだり書いたり、時には旅したり


by kienlen
プロフィールを見る